ビデオポーカーのルール

ポーカーの歴史

ビデオポーカー/Video Poker
ポーカーの起源は、中国で発明されてインドへ入ってきた説、エジプトからペルシャ、地中海を経てヨーロッパへ入ってきた説など様々です。
アメリカ大陸へは、1830年頃、ニューオーリンズに入植してきたフランス人たちによって紹介されました。当時、ポーカーは「Poque (ポック)」と呼ばれ、鉄道の発達とともにミシシッピ川やオハイオ川周辺から次第に東部まで普及し、アメリカ全土に広がりました。今日「ポーカー」は、家庭で気軽に遊べるトランプゲームの代表として、世界中で絶大な人気を博しています。トランプゲームの代表格と言えるでしょう。

ビデオポーカーのルール

ビデオポーカーにはJacks or Better(ジャック・オア・ベター)、Deuces Wild(デュースワイルド)などいくつか種類がありますが、ルールはほぼ同じです。ここでは人気が高くペイアウト率も高いビデオポーカーの代表格であるJacks or Better(ジャック・オア・ベター)について説明します。

ビデオポーカーは配られた5枚のカードから、必要なものを残し、要らないカードを交換してポーカーの役を作るゲームです。 Jacks or Better(ジャック・オア・ベター)は名前の通り、J以上のペアが出来ると払い戻しが受けられます。払い戻しはマシーンに表示されている表に従ってなされます。

ポーカーの手の序列
  説明
1 Royal Flush(ロイヤル・フラッシュ) 最高の手。同じマークのカードのA、K、Q、J、10が揃っている
2 Straight Flush(ストレート・フラッシュ) 5枚のカードの数がすべて続いており、かつすべて同じマーク
3 Four of a Kind(フォー・カード) 4枚のカードがすべて同じ数
4 Full House(フルハウス) 3枚のカードが同じ数、かつ残り2枚のカードが同じ数
5 Flush(フラッシュ) 5枚のカードがすべて同じマーク
6 Straight(ストレート) 5枚のカードの数が続いている (エースは、高くにも低くにも使うことができる)
7 Three of a kind(スリー・カード) 3枚のカードが同じ数
8 Two pairs(ツー・ペア) 2枚のカードが同じ数という組み合わせが2組
9 One Pair(ワン・ペア)、
Jacks or Better(ジャック・オア・ベター)
同ランクの2枚のカード(ジャック・オア・ベター)