ラスベガスの歴史

カジノが最高の娯楽となりえた理由、ゴールドラッシュでの一攫千金の夢、ラスベガスの歴史にはロマンがつまっています。ラスベガスの歴史です。

ラスベガスの発見
ラスベガスは1829年にスペイン人により発見されたオアシスが起源です。この一帯は砂漠地帯だったため、水を補給出来るところがなく、交通の難所でした。砂漠の中のオアシスの発見、これがラスベガスの始まりです。なお、ラスベガスとはスペイン語で「草原」の意味です。

ゴールドラッシュ
その後、1850年後半、ラスベガスから北西に400km離れたバージニアシティで金鉱が発見されました。西部はゴールドラッシュに沸き返り、一攫千金を求めて人々が押しかけました。まもなくオアシスであるラスベガスに定住する人も現れました。人口は増え続け1905年にはラスベガス町が誕生し、1911年にはラスベガス市になりました。

大恐慌
ゴールドラッシュが終わって、1929年、ニューヨークのウォール街で大恐慌が始まりました。アメリカ政府は大恐慌を打開するための政策(時の大統領、ルーズベルト大統領のニューディール政策)によって、ラスベガス金鉱に世界一の高さを誇るフーバーダムの建設を開始。大恐慌でネバダ州は賭博を合法化していたこともあり、全米から集まった労働者の娯楽の場として、またダム建設による安価な電力によりラスベガスは急速な発展を遂げます。

現在のラスベガスの始まり
現在のような派手で華やかなラスベガスは1945年のホテルフラミンゴの開業が原点となりました。大物マフィアのバグジー・シーゲル氏によるホテルフラミンゴのカジノが大成功を収めると、いろいろなマフィアがホテル付カジノを競って建設しました。バグジー氏は「カジノやショールームなどさまざまなエンターテイメントを提供するこれまでにはなかったリゾートホテル」を目指していました。このようなエンターテイメント性は現在もラスベガスの魅力として現在も世界中の人々、観光客を魅了し続けています。